三次元測定機校正から戻ってきました

また、ISOの審査の日程が近づいてまいりました。
いつも、この時期になると、測定機の校正の話題になります。
今年は三次元測定機の校正の年になります。
さて、何故、キーエンスの測定機にしたのか・・・
一つには、設置場所がないんです。
例えば、東京精密の三次元測定機いいのは、分かるんです。
しかし、設置場所の確保、あとは、購入資金ですかね。
ただ、完成品を提供する当社としては、問題時の原因究明と外注部品の精度検査に使っています。
部品自体を納品する訳ではありませんので、物足りなさは感じるも
ここがいいところか?と、思います。資金にも、限りがありますし!社長のブログ 2

自由曲面加工ができるようになりました・・・その②

これで目処立った。早速、出力、いいぞ!いいぞ!(^。^)
実際、紙に出してみた、A4用紙両面印刷で30枚!
え!、これ手打ちするの!(//∇//)、やってみた!
8時間機械の前で打つけど終わらない。3日から4日かかるか!
また、マイナスと小数点の打ち間違いで突っ込んだ。
このままだと、機械壊す。焦る^_^;足は、痛いし泣きたいよ!(//∇//)

そうだ、Micro diskあるじゃん!mazakに聞きました。
「Micro disk systemは使えません」 万事休すか?(//∇//)、技術の森を検索、
ウチはmainはマザトロール、subはISO/E I Aでやってるよ!
これ、使えるかも╰(*´︶`*)╯しかし、どのように、入力する?
また、探しまくり!面白いソフト発見。
hard disk system これ使えるか?^_^ 聞いてみました。
camからのデータとりこめない。無理か!(//∇//)、また、探しまくり!^_^;
マザトロールも取り込める、入出力装置あるか?しかし、すぐ買う訳にはいかない。
探しまくり、mametanを見つける。やったー(o^^o)

もう、時間が無い、連休までになんとかしないと?^_^;
検証したいので、デモ機を出してもらいました。
早速、到着後、操作、上手くいかん(//∇//)
もう一度、問題点の整理 → サポートに問題点を聞く、
「CMTはダメです。テープで入力してね!」
やってみました。入力出来ました。やったー╰(*´︶`*)╯、疲れた!(T_T)
疲れが出て、無口になってしまった。

まだ、動作検証が残っている。頑張らないと(o^^o) 動作検証しました。
突っ込みは無い、okか?あれ!おかしい!補助座標効ない?
これは、使えねー!(//∇//)
早速、mazakへ!電話!補助座標使えるようにしたい、パラメータ変えればなんとかなりますよ。
やったー!╰(*´︶`*)╯、早速変更、動作確認、思い通りや!(╹◡╹)嬉涙

技術をすべて教えてくれることはないです。こうしたい!の思いを具現化する努力をすることで、
技術は高まるものなのだと思いました。
社長のブログ 1

自由曲面加工ができるようになりました・・・その①

今回、前後のクレビスを加工するのに、
治具を製作したのだけれど、曲面でありながら勾配がついた加工を行うことになりました。
試しに、お椀を鉄の材料から削りで作ると考えていただければいいと思います。

困った!まず、第一に、絶対、camは必要だよね!100万円するから、どうしよう!
悩みましたね!fusion360(オートデスク)の3dcadにしようかな!
頭に浮かびました。youtubeで見てたから!
しかし、操作を教えてくれるところないと大塚商会から連絡、また困った!
それと操作を一から覚えるのも大変だし、ネットで解決策を探しまくります。
すると、光明、solidworksにもあるんだ!
価格は?60万円、無理だ!また、凹む!!(//∇//)
大塚商会からサブスク入っていれば無料ですとのこと、やったー(^^)
早速、solidworks入れ直し、camを使えるように!
操作を覚えて、いざ出力、ここでまた、問題発生(//∇//)、なんとポストプロセッサがない、当社、mazak製なので、
ポストプロセッサとは、機械が動くように、適切なコードを出すプログラム、また、探しまくり、すると、mazakは一世代前のプログラムなら使えるとのこと、
そのポストプロセッサならある、やったー╰(*´︶`*)╯・・・その②に続く
社長のブログ その①